※アドブロック等の広告非表示プラグインやアドオンを利用している場合、一部のコンテンツが表示されなくなったり、サイト全体のレイアウトが崩れたりする場合があります。

小泉進次郎環境相「ノーベル化学賞の陰には環境省の技術開発支援があった」←????

小泉進次郎 https://g.co/kgs/93oTVy
小泉進次郎 https://g.co/kgs/93oTVy
1: 2019/10/10(木) 14:23:31.22 BE:448218991-PLT(13145)

小泉進次郎環境相は10日の衆院予算委員会で、今年のノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏が研究を続けた
リチウムイオン電池に関連し、この電池を電気自動車(EV)に積載するため、07年以降、環境省が
技術開発の支援を続けてきたと紹介した。

再生可能エネルギーの普及に関し、蓄電池を今度どう生かしていくかという公明党の石田祝稔氏の質問に
答えた。

進次郎氏は「ノーベル賞という喜ばしいニュースに合わせて、環境省に触れていただき心から感謝したい」
と切り出した上で、環境省の技術開発支援は「ほとんど知られていない」と指摘した。「今回、吉野先生の長年の
研究の成果が、ノーベル賞としてつながり、その背景の中には、環境省というプレーヤーもいたことを、
多くの国民のみなさんにも知ってほしい」と、訴えた。

質問に対しては「再エネをどうやって主力電源化していくのか。蓄電のような技術についても、
非連続のイノベーションを次々生みだして、今後も環境省が支援する技術開発の中でノーベル賞の受賞の
ようなものが出てくるように、引き続き支援をしていきたい」と、答えた。

リチウムイオン電池は使い捨ての乾電池などと異なり、何度も充電して使える蓄電池。吉野氏は9日の
受賞会見で「(リチウムイオン電池を搭載した)電気自動車が普及して巨大な蓄電システムができれば、
太陽光発電なども普及して環境問題の解決に貢献できる」と、言及していた。
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201910100000384.html

73: 2019/10/10(木) 14:45:16.08
>>1
セクシー大臣さんは緊縮財政と構造改革派だけど
今回財政出動が必要だと自分で言っちゃんたんだけど
自分の言ってる事の矛盾がわかっているのかな?

95: 2019/10/10(木) 14:56:56.32
>>1
環境省の支援が07年以降なら、ノーベル賞と関係無いぜ

2: 2019/10/10(木) 14:24:24.33
さすが上級補助大国

3: 2019/10/10(木) 14:24:46.60
プレーヤーとか
どこまで図々しい事言ってんだ
000 名無しさんのおすすめ
4: 2019/10/10(木) 14:24:50.75
セクシーに乗っかっていく

5: 2019/10/10(木) 14:24:56.83
ホントこいつ嫌い

6: 2019/10/10(木) 14:25:20.74
だろっ。ノーベル賞すげー=日本すげーなんだって。

7: 2019/10/10(木) 14:25:23.78
そんな最近の話なのか

8: 2019/10/10(木) 14:25:27.96
別にこれはいいだろ

9: 2019/10/10(木) 14:25:39.80
ほんとに言ってて草

10: 2019/10/10(木) 14:25:58.71
先生本人が言ったことだろ

11: 2019/10/10(木) 14:26:37.68
環境省がてきたのは2001年なんだが。

84: 2019/10/10(木) 14:51:25.26
>>11
だよね。

12: 2019/10/10(木) 14:27:08.41
その時環境省あったっけ?

13: 2019/10/10(木) 14:27:43.80
は?馬鹿なんですか?

107: 2019/10/10(木) 15:04:52.13

14: 2019/10/10(木) 14:28:04.83
セクスィー!

16: 2019/10/10(木) 14:28:35.19

> 07年以降、環境省が技術開発の支援を続けてきたと紹介した。

ノーベル賞の受賞とは関係なくね?

17: 2019/10/10(木) 14:28:44.84
お前は関係ないから

18: 2019/10/10(木) 14:28:59.02
超時空環境省の誕生である

19: 2019/10/10(木) 14:29:12.79
いやいやいや、そういうの関係ないから
基礎技術の話や

21: 2019/10/10(木) 14:29:31.51
30年後を見据えて、電気を蓄えるということに取り組んでいきたい。私はそれを見届けることができる政治家です!

22: 2019/10/10(木) 14:29:54.16
当時環境省はなかったろ
民生品普及の側面支援に携われたんじゃないかと自負する程度にしておきなよ

24: 2019/10/10(木) 14:30:25.75
「ということなので研究を支援する予算を増やします!」ってすれば支持得られるのに
25: 2019/10/10(木) 14:30:27.62
これもう進次郎にノーベル化学賞やるべきだろ

27: 2019/10/10(木) 14:30:45.33
その頃、むしろ民主党が助成金カットしまくって研究者いじめてたんじゃないのかな?

28: 2019/10/10(木) 14:30:59.43
1971年(昭和46年)1月8日 – 環境庁の新設を閣議了解。7月1日 – 環境庁発足。
2001年(平成13年)1月6日 – 中央省庁再編により環境庁を改組し、環境省設置。

30: 2019/10/10(木) 14:32:16.69
俺が凄いよりは一理ある話だな。

31: 2019/10/10(木) 14:32:30.64
リチウムイオン電池の開発は90年代の話しなんだが…

32: 2019/10/10(木) 14:32:33.89
この人の乗っかり方が嫌

33: 2019/10/10(木) 14:32:35.00
進次郎は何もしてないけどね

34: 2019/10/10(木) 14:32:47.81
環境省の技術開発支援てほんの十数年前だろ
その支援なんか役に立ったの?

36: 2019/10/10(木) 14:33:02.90
なんらかの国の補助はあったかもしれないがそれは当時の関係者の手柄
進次郎のは手柄の横取り
余計にイメージ悪くしたな

37: 2019/10/10(木) 14:33:27.69
まるで自分の功績のように語るとこが嫌らしい

39: 2019/10/10(木) 14:33:59.21

こいつモノホンのバカだなw 時系列が逆だろwww

リチウムイオン電池みたいな高性能の二次電池の利用が可能になったから
電気自動車とか、再エネの蓄電みたいな発想が産まれたんだよwww

ガチのバカwww

40: 2019/10/10(木) 14:34:17.17
よく考えると環境大臣の環境省アゲ
気持ち悪い自画自賛

41: 2019/10/10(木) 14:34:40.13
もしかして、炎上芸人路線にスイッチしたのか?

42: 2019/10/10(木) 14:35:45.12
実用化の功績が認められたって話しなのに実用化したあとの発展の支援を持ち出してどや顔w

43: 2019/10/10(木) 14:35:48.82
セクシー便乗してるけど小泉自体は何もしてなくね?

44: 2019/10/10(木) 14:35:57.08
こいつ虎の威を借りる事しかしないな

45: 2019/10/10(木) 14:36:39.71
そこまで言うなら研究費倍増できるように支援体制整えてくれよ
それこそ文科省が無理なら自分のところでな

46: 2019/10/10(木) 14:36:43.84
言わなくてよくね?
47: 2019/10/10(木) 14:36:49.34
さすがノーベル賞
色んなもんがどんどん乗っかってきやがるぜw

48: 2019/10/10(木) 14:37:21.22

環境省の支援が良かったから!

おまえ大臣になって何日だよ低脳

49: 2019/10/10(木) 14:38:24.11
また就任したばかりなのに笑

54: 2019/10/10(木) 14:39:50.52
親父もこんなんだったよな

58: 2019/10/10(木) 14:41:09.42
おいおいポッポレベルかよ
所詮F欄じゃこんなもんか

60: 2019/10/10(木) 14:41:42.92
人気者に乗っかる親父と同じスタイル
もちろん中身はカラッポ
国民は馬鹿だから顔さえ売れてりゃいい

61: 2019/10/10(木) 14:41:56.15
この開発に環境省はいつからいつまでいくら支援したかはっきり知りたい
実用化とかは企業がやってるが、そこにもいくら支払ったのか知りたい

62: 2019/10/10(木) 14:42:09.11
火事場泥棒

66: 2019/10/10(木) 14:42:53.72
当然やろ。

68: 2019/10/10(木) 14:43:09.57
技術開発支援してたのは公益財団だろ
環境省が何したよ?

76: 2019/10/10(木) 14:47:08.31
乗っかってくるかwww

77: 2019/10/10(木) 14:47:36.16
これはカッコ悪い

85: 2019/10/10(木) 14:51:29.84
あ、こいつは馬鹿だ。これで確信した。